【楽ラップの実績と評価】ダメだと聞いていたけど実は...

【楽ラップの実績と評価】ダメだと聞いていたけど実は...

楽ラップ 管理画面 入金

投資初心者が実際にやってみて感じた!楽ラップは入金方法がわかりにくい

ネット証券のラップサービスのなかでは早い段階でリリースされた「楽ラップ」ですが、先駆けてリリースしたからこそ足りてない部分やどうしてもクリアできていない部分もいろいろとあるはず。

そこで、投資初心者に実際に楽ラップに触ってもらった所、入金ができないという致命的な問題にぶち当たりました。(投資経験者にはイメージがつなかいかもしれませんが…)

これから、楽天証券で口座開設しようと考えている方には参考になると思いますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?  

楽ラップ専用の管理画面はなく、楽天証券の一つのメニューなのでわかりにくい

無料診断を実施し口座開設。という流れまでは、非常に順調でしたが、実際にお金をいれるタイミングの時に、ピタッと手が止まりました。

楽ラップ TOP

この画面を見て、どこから入金するの?と五分ほど思考錯誤した後に、完全に思考が停止。

「楽ラップは入金ができない」とお手上げ状態に。

投資初心者が楽ラップで入金ができなかった理由

なぜ楽ラップで入金ができなかったのか?

詳しく聞いてみると、この赤い範囲内で入金ボタンを探していたんですね。

楽ラップ 管理画面 入金特に、何度も右上の赤い線で囲った四角い4つのボタンを何度もクリックしていましたが、もちろんこの中では、入金はできません。

確かに、楽ラップトップという記載がある下の範囲から探すものだと感じる人もいるかもしれませんね。

楽ラップの入金方法 

せっかく「よし、買ってみよう」と思って質問に答え、口座開設をしていざ入金をしようと思っても、「どうやって?どこに?」となる方は結構いると思います。

この問題は、考え方一つで解決できます。

「楽ラップに振り込む」わけではなく、「楽天証券の口座に振り込む」のです。

ですので、管理画面も楽ラップ内をみるのではなく、楽天証券全体の管理画面を確認する様にしましょう。

入金の仕方はいくつかありますが、まず楽天証券のマイページにログインした後、「入出金・振替」というメニューをクリックし、入金方法を選択します。

ロゴ下の赤色で囲っている所ですね!

楽ラップ 入金方法

 するとこういう画面がでてきます。

ここで2つの方法を提示されるので、下記文章と画像を確認しながら、自分がどちらにあてはまるかを考えてみましょう。

楽ラップ 入金方法

  1. ATM・銀行窓口から入金する場合は、入金先の口座名が表示されるのでその口座宛に振り込みます。
  2. ネットバンキングで振り込む場合は、振込元の銀行名をクリックすると金額入力後、その銀行のページ(振込画面)に自動的に行ってくれます。

1はわざわざ銀行やATMに行かないといけないので、2が楽だと思います。

ちなみにさらに楽な方法は楽天銀行からの入金です。楽天銀行の口座を持っている場合は、金額とパスワードを入れるだけで振込ができるので、かなり手間は省けます。

この内容については、楽天証券の口座開設についてまとめた記事に記載しているので、気になる方は確認してみてください。

2の場合、クリックするとこの様に銀行口座がならんだページがでてきます。

楽ラップ 入金 銀行口座選択

ここから指定の銀行を選び、振込金額を入力し、ネットバンクの暗証番号と口座番号を入れて決定をすれば入金がされます。

これらの流れで、申し込み金額の入金が済んではじめて、楽ラップの申し込みが可能となります。

今まで投資してきた人からしたらなんでわからないのと思うかもしれませんが、投資初心者からすると非常に難しいと思います。

楽ラップ開始時に入金方法がわからないという方は、参考にしてみてください。

ちなみに上記のデメリットについては、楽天証券のカスタマーセンターに問い合わせをしてみましたwwこれで入金方法が変更されたら、私を褒め称えてくださいねww

PAGE TOP