【楽ラップの実績と評価】ダメだと聞いていたけど実は...

【楽ラップの実績と評価】ダメだと聞いていたけど実は...

マネーブリッジ

楽天銀行にはデメリットもあるがやっぱり国内最強金利のマネーブリッジは大きなメリット

最近の銀行金利が「低い」というのはよく聞く話ですよね。

実際に銀行の定期預金にお金を預けていても、金利なんてほとんどついた実感がない人が多いと思います。

それもそのはず。メガバンクの定期預金金利は年間0.01%、普通預金に至っては0.001%と、ほぼゼロに等しい状況です。(100万円預けていても年間10円ですw)

これだけ金利が低いので、今や銀行の金利に期待している人自体も少ないと思います。なので、 増えるからではなく減ることがないから、銀行に預けているという方がほとんであると思います。

でもでも、できることなら預けているだけの100万円が増えるにこしたことはないですよね!

そこでオススメなのが、楽天証券で口座開設をする際のメリットであるマネーブリッジという機能。

このマネーブリッジを利用するとなんと金利が100倍変わるんです!

100倍って数字が大きすぎて、イメージできないかもしれませんが、これは事実。

では、そもそもマネーブリッジとはなにか?また、マネーブリッジの利用法についてまとめてみましたので、節約をしたい方、賢くお金を貯めたい方はごらんください。

マネーブリッジとは投資用財布と貯金用財布を同じにできるサービス

「楽天銀行」は楽天グループのネット銀行として、勢いのある銀行の一つですが、そんな楽天銀行と楽天証券は、同じ楽天グループの金融機関として連携することでいろいろなサービスを提供しています。

その一つが、「マネーブリッジ」です。

マネーブリッジとは、その名の通り同じお金を証券と銀行で「ブリッジ」つまりつなげてしまうサービスのことです。

簡単にいうと、楽天銀行にお金を預けておけばそのお金で(入出金の手間なく)楽天証券から株式や投資信託を買うことができてしまうのです!

出入金のめんどくささや、時間的なロスって結構面倒なので、投資をしている人からするとこれだけでもいいサービスだというのがわかりますよね!

証券でも銀行でも「同じ財布」として使えるこのマネーブリッジは非常に便利なサービスと言えるのです。

マネーブリッジのメリット多数

マネーブリッジは、この「マネーブリッジ」サービスはそれだけでなく、ATM手数料が無料になったり、楽天銀行での普通預金金利が5倍になったりとメリットが多く、サービス自体は楽天銀行と楽天証券に口座があれば無料で受けられるので財テクマニアからも一目置かれているサービスなのです。

楽天銀行の普通預金金利が0.1%に!

「マネーブリッジ」サービス最大のメリットとも言えるのは「普通預金金利5倍」特典です。

もともとの楽天銀行の普通預金金利0.02%(これでも高いのですが)が5倍ですので、合算すると年間0.1%の利子をずっと受けることができるのです。

メガバンクの普通預金金利は0.001%なので、比較すると100倍も違う金利ということになります。

では本当にそうなのか?各種銀行の金利を比較してみたのでご覧ください。

銀行普通預金金利条件
楽天銀行0.10%楽天証券の口座開設(マネーブリッジ)
イオン銀行0.10%イオンカードセレクトの保有
SBJ銀行0.02% 
ジャパンネット銀行0.015% 
住信SBIネット銀行0.01%SBI証券の口座開設(ハイブリッド預金の設定)
三菱東京UFJ銀行0.001% 
三井住友銀行0.001% 
みずほ銀行0.001% 

イオン銀行は楽天証券と並んで非常に金利が高いですね!ただ、こちらも条件があってイオンカードセレクトというのを保有しておかないといけません。

でも、0.1%って対したことないんじゃ?と思っている人!侮ることなかれ!

例えば、30代の平均貯蓄額が約400万円ほどなので1年間銀行の普通預金に預けた場合、 メガバンクでの利息は40円、楽天銀行(マネーブリッジ)の場合は4,000円と、年間で3,960円の差が出ることになります。

どうせ使わないお金を置いておくなら数千円とはいえないよりあった方がいいですよね。

マネーブリッジ利用でATMの手数料が毎月最大7回まで無料に

マネーブリッジを使うと金利が5倍になるだけではなく、楽天銀行でのATM手数料が最大で7回/月も無料になります。

「最大で」というとハードルが高そうですが、預けている金額によって無料回数は変わり、300万円以上の預金で最大の7回無料なのでそれほど大きな条件ではないですね。

ちなみに他の銀行への振込手数料も3回まで無料になります。会社用の口座を持っている人は振込等することが多いと思うので、これは便利ですね!

楽天証券の取引に応じてポイントが貯まる

楽天ポイントマニアには吉報ですw

楽天銀行と楽天証券に口座を持っていると「ハッピープログラム」というものにエントリーができます。(条件はないので誰でもエントリー可能)

ハッピープログラムにエントリーしておくと、楽天証券での取引、例えば株や投信を買ったり、あるいは投信を持っているだけでも楽天ポイントがもらえます。どちらも口座を持っているなら必ずエントリーするべきオプションです。

「自動スイープ」でいちいち入出金しなくてもOKに!

楽天証券で投資をしている人にとって、金利以上に最大のメリットと言えるのが「自動スイープ」サービスと呼ばれる、「入出金自動」機能です。

最初に挙げたように、楽天銀行に預けてある預金を使って、楽天証券で取引ができるというものです。

本来の証券会社の仕組みでは取引の資金は銀行から証券会社に自分で移す必要があったため、かなり手間だったんですよね。 (こちらについては、

投資初心者が実際にやってみて感じた!楽ラップは入金方法がわかりにくいページでまとめているのでご覧ください。)

イメージできない方もいると思うので、もう少し詳しく説明。

例えば、楽天銀行に100万円ある状態で、楽天証券で30万円の株を買ったとします。そうすると自動的に楽天銀行から楽天証券へ株の買付代金である30万円が移動するというものです。

もちろんこの資金移動にかかる手数料は無料なので、回数も気にせず好きなだけ(銀行預金を上限に)取引することができるのです。

楽天銀行使用者の口コミを見てわかったデメリットと対策方法

これだけ見ると楽天銀行の口座開設はメリットだらけで、開設しない手はない!ということになりますね。

実際、口コミをみるとこのような口コミが多いことがわかります。

楽天銀行で投資信託始めてから、自動引き落としでも地味にポイント貯まる。マネーブリッジでの普通金利0.1%も嬉しい。携帯代も楽天モバイルにしてから月5000円浮いた。ありがとう楽天。でも買い物は楽天市場ではなく殆どAmazon ٩( 'ω' )و

twitter

 

楽天銀行・楽天証券のマネーブリッジのおかげで、利息めっちゃもらえてありがたい限り。 お金のことって、知ってるかどうかだけで全然変わってくるよね。

twitter

 

そう!お金のことしってるかどうかで全然違いますよ!

でも、実際に、使ってみてデメリットはないのでしょうか?

そこでもう少し利用者の口コミをみてみると数点デメリットのような口コミも見つけられました。

口座開設を断られること理由とその対策方法

おそらく、なにか基準があるのだと思いますが、どうやら口座開設を断られるパターンがあるようです。

画面の使いやすさと経営の姿勢に好感を持って楽天証券をメイン証券会社として使っていこうと今でも思ってるけど、楽天銀行と楽天カードにそれぞれ2回断られて、マネーブリッジと楽天ポイントという二大武器が使えないからメリット半減…。応援したい気持ちは…まだあるけど…何で?って聞きたくなる。

twitter

これは通常の銀行と同様といえば同様ですが、顧客の属性によっては口座開設ができない場合が稀にあるようです。

ちなみに、楽天銀行口座取引規定を確認したみたのですが、口座開設できない人はこのような方ということです。

お客さまに第12条(解約・取引の停止等)第3項第7号から第9号のいずれかの事由が生じている場合、お客さまが第12条の2(反社会的勢力の排除)に定める暴力団員等もしくは第1項各号の事由のいずれかに該当する場合、お客さまが同条第2項各号の一にでも該当する行為を行う場合、またはお客さまの届出事項もしくは届出書類に疑義がある場合に該当すると当行が判断したときは、当行は楽天銀行口座の開設をお断りできるものとします。

ちなみに、ここでいう第3条7号から9号を抜き出してみるとこのような感じです。第12条はなんとなくわかりますねw

  1. 住所変更を届けておらず楽天側で住所不定となっている
  2. 楽天銀行の手数料を引き落とせない状況になっている
  3. 支払停止、破産手続開始または民事再生手続開始の申立てがある
  4. 相続の開始がある

1がネックとなって楽天銀行を開設できていない人がいるかもしれませんので、改めて楽天に問い合わせしてみてもいいかもしれませんね。

楽天銀行の口座が凍結されることが稀にあるが他の銀行でも稀にある

次は、銀行なのに結構ディープなデメリットです。

口座凍結、銀行口座に関しては、もしも「○○だという疑いがある」と通報・チェックがあればいちど基本的には止めるのが銀行側のセオリーで、過去には楽天銀行のネット口座がヤフオクなどの個人による商品出品・振り込みがらみの凍結で問題になった。

twitter

口座凍結怖い…調べてみると、口座を商用利用(不法オークションなど)した疑いがあったり、提出している書類と登録情報に違いがあったりすると口座が凍結される場合があるようです。

これ怖くないと思って調べてみましたが、楽天銀行の場合は過去(2015年)に大量の口座凍結を行なった経緯があるようです。

過去には、オークション取引(ヤフオク)に楽天銀行を利用していた顧客の口座が一斉に凍結され、炎上するということもあったようです。

急にお金が引き出せなくなるわけですから、全財産を楽天銀行に入れていた人たちは相当困ったでしょうね。。問い合わせすれば解除はできたらしいですが、2週間ほどかかったらしいので相当なダメージですよね。。

 

ただ、口座凍結について他の銀行も調べてみると、主に「犯罪のため」に銀行口座が利用されている恐れがある場合に実施するのだとか。

 

楽天銀行に限らず、口座凍結というのはネット銀行ではあり得ることのようで、他のネット銀行でも口座凍結をされたという声は見受けられました。

イオン銀行
なんで銀行口座凍結されてんだよ。振込できるのに引き落としできんとかふざけんなイオン銀行twitter
住信SBI銀行

Zaifの住信SBIネット銀行口座が凍結!暗号通貨取引所の口座凍結が続く!


twitter

ネットであるがゆえ、開設しやすい分悪用もされやすく本人の確認も難しいですからね、「とりあえず止める」という処置が起こりやすいのでしょう。

特に最近はネットオークション(フリマ)や仮想通貨など、法的にも整備されきれていないサービスが増えていますから避けがたい事と言えるかもしれません。

問題は凍結される期間。概ね問題がない場合は2週間ほどの凍結となるようですが、人によってはだいぶ困る期間ですね。

前提として、一つのネット銀行だけに全財産を預けるのはこういったリスクがあるので、少なくとも一ヶ月分の生活資金は別の口座でもっておくと安心かもしれませんね。

マネーブリッジの設定方法

そんなメリットとデメリットを理解した上できちんと対策すればマネーブリッジはいいサービスだと私は思います。

そこで、楽天銀行の開設方法とマネーブリッジの設定方法についてご紹介します。銀行も証券もどちらにも口座がない状態を前提に口座開設からマネーブリッジの設定までを案内していきますね。  

まずは口座開設(証券・銀行)

まずは楽天証券と楽天銀行の両方に口座を開設する必要があります。

どちらもサイトから口座開設が可能ですが、いちいちどちらのサイトにもいって・・ ということをしなくても一度にどちらの口座も開設してしまうことができます。こちらの画像をご覧ください。

マネーブリッジ 同時開設

まずは楽天証券のサイトから「口座開設ボタン」をクリックして申し込みに進むのですが、 楽天証券の口座開設(申し込みフォーム)のなかで氏名や住所などの基本項目の他に、「追加サービスの選択」という項目があります。

こちらに「楽天銀行」がありますので「申し込む」を選択した状態で進んでいくだけです。 (その他、「信用口座」や「FX口座」の選択もできますが興味がなければこれらは申し込まなくてよいでしょう)

そうすると、証券の申し込みが完了(本人確認書類をアップロード)すると、続いて楽天銀行の口座申し込みに進んでくれます。

先ほど証券の申し込みで入力した氏名や住所の情報が引き継がれているので銀行の申し込みは少しだけの入力でサクっと終わらせることができます。

どちらも口座開設完了には入力してから数日待つ必要がありますが、自分で入力する内容としてはこのように一発で証券と銀行を終わらせることができるので思っているより大変ではありません。

口座を開設したら「マネーブリッジ」設定

申し込みが完了して数日すると楽天銀行・楽天証券からそれぞれ開設完了のお知らせが届きます。

ログインに必要なIDとパスワードが届くので、それが届いたら無事開設できたと思えばよいでしょう。

どちらの口座も開設できて初めてマネーブリッジは設定できるので、片方だけが開設完了している状態ではまだ設定はできませんので注意してください。

開設時に覚えておくべきポイントとしては、マネーブリッジは楽天銀行のサイトから設定をするということです。

これを覚えた上で楽天銀行のサイトへIDとパスワードを入力してログインしてください。

下記画像のように、「証券・投資」メニューの「マネーブリッジ設定」というページに行くとすぐにマネーブリッジの設定ボタンがあるのでクリックするだけで設定は完了です。  

「ハッピープログラム」にも忘れずエントリーを!

「ハッピープログム」も忘れずに「エントリー」しましょう!

こちらも楽天銀行サイトからできますのでマネーブリッジの設定のついでにやっちゃいましょう。

「MyAccount」メニューから「ハッピープログラム」というページに行くと簡単にエントリー可能です。

マネーブリッジもハッピープログラムもデメリットはありませんので、銀行と証券の口座が開設できたら忘れないよう、すぐに設定を行うとよいでしょう。

「楽天銀行」の普通預金金利は楽天証券に口座を作れば実質最強!

他の銀行と比較しても、楽天銀行の普通預金金利は条件を達成すれば最強の普通預金金利を受け取ることがわかりますね。

楽天銀行の口座開設はもちろん、楽天証券の口座開設もマネーブリッジも無料ですし、デメリットは特にありませんので普通預金金利を優先するのであれば楽天証券経由で楽天銀行の口座開設をすることがオススメということになります。

楽天グループに口座を持っておけばポイントや市場での買い物なども有利になりますから、極端に口座を増やしたくない人でなければ持っておいて損はないですね。 (証券に興味がなくても口座を持っていないと見られないページや特典がたくさんありますのでそこで情報をチェックしながらここぞという時に取引!という使い方もありですね。)

とにかく、日本で最高の普通預金金利を受け取りたいのであれば楽天銀行と楽天証券の口座開設!ということです。

PAGE TOP