【楽ラップの実績と評価】ダメだと聞いていたけど実は...

【楽ラップの実績と評価】ダメだと聞いていたけど実は...

楽天証券 楽天ポイント

楽天証券で楽天ポイントを使う方法と最もお得に楽天ポイントを利用する方法

楽天といえば楽天ポイント!買い物すればたまるし、公共料金の支払いも楽天カードにすればどんどんたまるし、楽天ポイント目当てで買い物しているユーザーも多いはず!

そんな楽天ポイントですが、ついに、楽天証券では楽天ポイントで投資ができるようになりました。

2017年の8月から楽天市場や楽天トラベルなど、楽天のサービスを使って貯めた楽天ポイントで投資信託を買えるようになったとのこと。

お金ではなくポイントで投資商品を買えるようにしたのはもちろん業界初ですし、これにより投資初心者がさらに投資デビューをしやすくなったと思います!

楽天証券では楽天ポイントを使って投資信託に投資ができるようになった

投資に楽天ポイントが使えるといっても具体的にはどのような商品の購入ができるのでしょうか?

まず、現時点で楽天ポイントで購入できる投資商品は「投資信託」のみで、株式や楽ラップを含む投資信託以外の商品・サービスには使えないので注意が必要です。

とはいえ投資信託の中では大きな制限はないので、楽天証券で買うことのできる投信であればほぼ全てが対象となります。

仕組みが少しややこしいので、仕組みを箇条書きするとこんな感じです。

  1. 楽天スーパーポイントを楽天証券独自の「楽天証券ポイント」というポイントに変換
  2. 楽天証券ポイントを現金で楽天証券が買い取る
  3. 楽天証券が買い取ったポイントで投資信託の買付代金に充当させる

ややこしいですが、とにかく楽天ポイントで投資ができるということですw

この複雑な仕組みは裏で行われるので、投資家にとっては楽天ポイントで直接投資信託を買うことができるようになっています。

今までは楽天ポイントは貯めることしかできなかった

これまで楽天証券では取引に応じて(キャンペーンなどで)楽天ポイントをプレゼント、つまりポイントを「ためる」ことはできていました。

しかし、楽天証券内でそれを使うことはできず、投資でゲットしたポイントは楽天市場での買い物などでしか使えなかったわけです。

それが、2017年の8月に投資信託の購入がポイントでできるようになりました。

楽天証券内でポイントを「貯める」そして「使う」の両方ができるようになったんですね!普段の買い物は楽天ではなくAmazonでしているという人にも朗報ですねw

楽天証券で取引しているとポイントをもらえるタイミングは2つ

楽天証券で楽天ポイントをゲットする方法は大きくわけて2つありますので、それぞれご紹介します。

キャンペーンに参加する

まずは「キャンペーン」ですが、これはその時々により投資信託や株式、FXなど(もちろん楽ラップでも)取引に応じてポイントをキャッシュバックしてくれる場合があります。

条件はその時その時によって違うのでその時やっているキャンペーンは楽天証券サイト内の「キャンペーン一覧ページ」から確認しましょう。

ちなみに、楽天証券が実施しているキャンペーン内容やキャンペーンに参加する際の注意点についてはこちらのページにまとめているので御確認ください。

楽天証券が実施しているキャンペーン内容を分析してまとめてみた

投資信託の取引

投資信託の取引については割とポイントをもらえる条件が多いです。

投信の積立をしていれば、買付手数料の1%ポイントバックされたり、投信の保有残高に応じてもポイントがもらえます。

お得なのは「楽天証券」にも口座を開設し、「マネーブリッジ」という証券との連携サービス(無料)に登録しておくこと。

そうすれば、投信の残高10万円ごとに4ポイントが毎月もらえるので、ある程度の金額であれば持っているだけで結構ポイントが貯まります。

取引で楽天ポイントを利用するまでの流れ

実際に楽天ポイントを投信の買付に利用するのはめちゃくちゃ簡単です。こちらは画像を元にご紹介しますね。

まず普通に現金で買うのと同様に「通常注文」を行います。

楽天証券 ポイント利用 手順1

ここまでは普通の注文です。通常注文画面をクリックするとこのような画面になります。楽天証券 ポイント利用 手順2

赤で囲った部分にも記載がある通りですが…

楽天市場での買い物と同様、持っているポイントを「一部使う」のか「全部使う」のかを選択し、「一部使う」場合は利用するポイント数を入力します。(利用可能なポイントも記載してあるので便利ですね)

注意点として、初回利用時は「ポイント利用規約」の確認が求められるので「楽天証券ポイントのご利用はこちら」ボタンから楽天市場のIDとパスワードを入力して連携が求められるので、忘れないでおきましょう。

あとは通常注文と同様で「確認」ボタンから簡単に購入が完了します。

楽天ポイントは買い物に使うより投信を買ったほうがお得!

楽天市場での買い物や楽天カードを使っていると気づかないうちに結構ポイントが貯まっていきます。

楽天市場で買い物をする時にポイントが結構あると「お?ポイントが結構使える!ラッキー!」と使ってしまいがちですが、実は買い物よりも投信を買ったほうがお得です。

楽天市場の買い物は通常ポイントをもらえるのですが、ポイントを購入に充ててしまうとその「ポイント分」については新たにポイントはもらえないです。

ですが、楽天証券で投信を購入すれば通常の現金購入と同様に保有に応じてポイントがもらえることになりますので、結果的には「ポイントがポイントを生む」ということが可能になるので、もっともお得な楽天ポイントの利用方法といえます。

投信のポイント買付で楽天ポイントの換金が可能に

また、楽天ポイントで投信を買ってすぐに売却すれば事実上、楽天ポイントの換金が可能になったともいえますね。

楽天証券はもちろんこれを勧めることはないでしょうが、ポイントが金融資産に変えられるというのはポイントを換金できるというのとほぼ同義です。

「ポイントが貯まるのはいいけど別に買うものもないし・・」というひとはこのサービスを使えば余ったポイントを現金に変えることが可能ということですね。

もちろんどうせ使い道がないのなら換金せずにそのまま投信で持っているほうがいいのかとは思いますが。。

PAGE TOP