【楽ラップの実績と評価】ダメだと聞いていたけど実は...

【楽ラップの実績と評価】ダメだと聞いていたけど実は...

楽ラップ運用実績 +8.05%【2017年3月15日】

楽ラップ運用からの開始からの損益 +8.05%

楽ラップ 運用実績

3/15現在の楽ラップの損益は+8.05%(+¥8,058)となっています。

画像は前月比でだしていますが、前月から比較しても半月で+0.67%ですので相変わらず順調に増えているようです。

「海外株式」・「国内株式」が値上がり

値動きの激しい「株式」の資産ですが、海外・国内ともに株価が上昇しているためこれらに投資している資産である「ステート・ストリート日本株式インデックス・オープン」と「ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン」がともにおおきく値上がりしていて全体の利益に貢献しています。

順調の背景はアメリカの好景気

3月に入ってからもアメリカの失業率は改善しており、株価も堅調である影響がもっとも大きな流れですね。

アメリカの景気がいいということは世界中からアメリカにお金が集まります。そしてアメリカにお金が集まるということはドルがどんどん買われることになるのでドル高(円安)になります。

円安になるということは海外の資産は日本円で見ると増えます。つまり円安は日本の投資家にとってはプラスの要因なんですね。だから、楽ラップも上昇気流に乗っているということです。

このあたりの流れは一貫して変わっておらず、今までの楽ラップの実績公開記事でも、この説明はしています。

アメリカの調子がいいうちに楽ラップを始めた方が得ということですかねw 過去運用実績を見ながらお金に余裕のある方は参考にしてみてください。

PAGE TOP