【楽ラップの実績と評価】ダメだと聞いていたけど実は...

【楽ラップの実績と評価】ダメだと聞いていたけど実は...

楽ラップ運用実績 11月11日

楽ラップ運用実績+15.81%【2017年11月11日】直近1ヶ月の成果だと年利は24%に!

11/11現在の楽ラップの損益は+15.81%(+¥15,813)となっています。

日本株相場が引き続き好調なことを受けて、しっかりと恩恵を受けてくれていますね。

楽ラップは直近1ヶ月で2%以上利益が出ており、年利計算すると24%と絶好調です!

株は株でも日本株が楽ラップを最高益に押し上げてくれている!

世界的に株高が進んでいますが、アメリカや新興国と比べても日本株の動きがいいことがわかります。

資産別の内訳をご覧ください。

運用実績 成果内容

国内株式(ステート・ストリート日本株式インデックス・オープン)の利益額が、先進国株式(ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン)の利益額の2倍以上利益を出していることになっています。

これが、楽ラップの調子がいい最大の理由であると言えますね!

日本株はバブルなのか?

これだけ連日株価が上がってくると「これはバブルか?」という声を聞きます。

しかし実はまだまだ日本株はバブルと呼ぶには程遠い水準です。

なぜなら、これまでの日本が経験してきた高度経済成長のバブルや、ITバブルのときは、日経平均株価は数年のうちに5倍~6倍にも上がっているからです。

今の日経平均株価は22,000円程度なので、上がったとはいえ「アベノミクス」が始まってからまだ2倍程度の上昇でしかないと考えることが出来ます。

また、今回の上昇は企業の業績が伴っているため、「実績がないけど期待で買われている」というバブル特有の不自然な買われ方をしてないんですね。

これが本物の「バブル」につながるのであればもっともっと上昇が期待できるので、余裕のある方はもう少し投資しておくのもいいとおもいますよw

PAGE TOP