【楽ラップの実績と評価】ダメだと聞いていたけど実は...

【楽ラップの実績と評価】ダメだと聞いていたけど実は...

ビットコイン先物

ビットコイン先物の使い方と始め方についてまとめてみた

「ビットコイン先物」が、かなり話題となっています。

まだ海外の話なのですが、そもそも「先物取引」という言葉がよくわからずにあまり興味を持つに至っていない人も多いことでしょう。

ただ、ビットコインに興味があるのであればこの「ビットコイン先物」が一体なんなのかを少しでも理解しておくことは決して無駄ではありません。

そこで「ビットコイン先物」の取引のメリットや実際に行う方法、そもそも先物の仕組みも含めてじっくり解説していきます。

ただ、初心者にとってはそもそも「先物」とは?となってしまいますよね。(ちなみに「さきもの」と読みますw)

先物(さきもの)取引の仕組みを簡単に説明

ビットコイン先物を理解する前に、まずは先物取引を理解しましょう。

先物取引とはかなり敷居の高そうな言葉という印象を持っている方もいるでしょうし、「そもそも何?」という人もいるでしょう。それくらい少し専門的な取引です。

先物取引はよく「将来の取引を約束する権利」の取引という表現をされます。

例えば、日経平均を1年後に3万円で売ることのできる権利を先物取引で買っていたとすると、3年後に実際の日経平均が2万円だった場合、実際の日経平均(現物)を2万円で買って、それを同時に3万円で売る権利があるので差額の1万円分の利益が出るんだよとかそんな感じです。(逆に4万円になっていたら1万円損するということですね)

これは間違ってないですし先物取引の本来の考え方として正しいです。ただ、ビットコイン先物をする上ではなんとなくわかっておけばいい仕組みとしてさらっと流しましょうw

ビットコイン先物の2つのメリットと使用シーン

先物取引仕組み難しいですよねwwまあでも実際に覚えておかないといけないのは、この2つの特徴です。

  • 持っている資金以上の取引ができる
  • 「売り」から取引をスタートできる(価格が下がるほど儲かる)

要するに、ビットコイン先物によって、手持ち資金以上の大きな取引が可能になる。ビットコインが暴落することで大儲けするか可能性があるということですね!

今は、ビットコインの相場がいけいけどんどんで上がっていますが、いづれ止まる、あるいは落ちることもありえるでしょう。そう考えている人はなおさらチェックしておく必要があるということですね。

そこで、この2つのメリットをさらに詳しく説明します。

最大のメリットはレバレッジを効かせられるという点

先物取引を行う最大のメリットは「レバレッジ」をきかせた取引ができることです。「レバレッジ」とは「てこ」つまり、持っているお金以上の取引ができるということです。

ビットコインを「1BTC」買おうと思うと、1BTCが仮に100万円ならば100万円の現金が必要ですよね?しかし、ビットコイン先物取引の場合は、例えば預けている資金の15倍など、「持っている資金を超えた取引」が可能になるのです。

リスクはもちろん高くなりますが、手元に現金がすぐにない場合や短期的に利益を取りたい場合はかなり有効な手段となるのです。

ただもちろん注意点も。
利益が出た場合は通常の15倍でも、損をした場合も15倍となるので最新の注意を払って投資する様にしましょう。無計画にありったけの現金を証拠金にしてマックスの倍率で取引など無謀な取引はやめましょう。

ちなみに、ビットコイン先物取引する場合は、自分の資金以上のお金を投資することができますが、資金が0円では無理なんですね。取引時に証拠金というは先物取引を行う上で元になるお金を預ける必要があります。

 例えば10倍のレバレッジをかけた取引を行う場合は、100万円の取引をするためには10万円の証拠金が必要になるということです。これは覚えておきましょう。

「売り」から始められるので相場が下がっても儲けることができる

先物取引のもう一つのメリットが「売り」から取引を始められることです。

普通であればその商品(ビットコイン)を持っていないと「売る」という行為はできないですよね? ただ、先物取引を使うとビットコインを持っていないけれどもいきなり売ることができます。

説明しても難しいと思うので、「ビットコイン先物取引=持ってないけど売れる」と覚えてくださいwでは、先に売れるとどのように使えるのか?

これは箇条書きで説明しますね。

  1. ビットコインの価格が「下がる」と思う。
  2. 先物取引でビットコインを売る。(1BTC=¥1,000,000)
  3. ビットコインの価格が実際に下がった(1BTC=¥800,000)時に買い戻す

ここでいうと200,000円が下落したことによる利益ということです。

価格の動きの大きいビットコインですから、当然大きく上がったり下がったりすることがあるわけで、通常の取引だと「上がる」ことでしか儲からなかったのが、ビットコイン先物取引を利用すると「下がった」時にも利益を出すことが可能なのが先物取引の魅力の一つですね。

ビットコイン先物は楽天証券でしか始められない理由

ここまででビットコイン先物に興味を持った方、ではどうして始めればいいの?と思いますよね。

ビットコイン先物は「海外先物」というカテゴリに分類されています。

一般的な「日経平均」などの先物取引は日本に上場しているのでどこの証券会社でも基本的には取引が可能ですが、「ビットコイン先物」というのはシカゴ取引所(CME)に上場されているため、取引ができる証券会社が非常に少ないです。

国内の証券会社で海外の先物商品が取引できる証券会社はかなり限られていて、現状ほぼ「楽天証券」一択といえます。

なのでビットコイン先物を取引しようと思ったら楽天証券に口座を開く必要があるということを覚えておきましょう。

楽天証券の口座開設方法についてはこちらのページでまとめているので、
御確認ください。

 

 

ビットコイン先物を始めるまでの流れ

実際に取引を始めるにあたっては、先ほど紹介したビットコイン先物を取引できる証券会社(楽天証券)に口座を開設して、手続きを進めていくことになります。

しかし、通常の株や投資信託と違い、先物取引というのは口座開設してすぐに手続きという訳ではなく、もう一歩「先物専用口座」(一般的には「先物・オプション取引口座」)というのを証券口座の中で作る必要があります。

といってもそんなに複雑なものではなく、イメージとしては証券会社の「総合口座」のなかに「先物・オプション口座」というのがある感じですね。

楽天証券での手続きをもとに口座開設から先物取引までの流れを説明します。

まずは楽天証券で口座開設

まずは楽天証券に口座を開きます。

楽天証券の証券総合口座の開設手続きについては、先述のこちらのページで詳細に説明していますが、基本情報を入力して本人確認書類を提出すれば数日で「ログイン情報のお知らせ」という封書が届きます。

特に難しいことはなく自分の口座に「ログイン」することができるようになるので、その時点で、株や投資信託・ラップなどはこの時点で取引が可能です。

先物・オプション取引口座を開設

楽天証券に口座が開設されたら次は「先物・オプション取引口座」を作ることになります。

楽天証券のサイトから自分の口座に「ログイン」すると色々なメニューが表示されますが、「債券・他の商品」のメニューを選択し、さらに「先物・オプション」をクリックすると「先物・オプション取引口座のお申し込みはこちら」ボタンが現れます。ビットコイン先物 始め方

ビットコイン先物 始め方2

いろいろなメニューの中に「先物・オプション取引」と「海外先物取引」というメニューがありますが、注意点は「先物・オプション取引」を申し込んだ後でないと「海外先物取引」を申し込むことはできません。

ビットコイン先物は海外先物になるため、ここから2段階のステップを踏む必要があるんですね。諦めずに頑張りましょうw

口座に入金

無事先物取引の口座が開設されればあとは「証拠金」を入金すれば取引が可能です。

証拠金は通常の株式や債券同様、楽天証券口座に入金すればOKです!

ちなみに楽天銀行に口座を持っていれば「マネーブリッジ」というサービスでいちいち入金しなくても楽天銀行に入っているお金を上限に証券取引ができるのでとても便利です。

「マネーブリッジ」については他にも特典が多いので、「楽天証券で口座開設する最大のメリットはマネーブリッジ」の記事をご覧ください。

証拠金を入金すれば、あとは実際の投資のみです!そもそも仮想通貨自体がとてもハイリスクハイリターンの投資となりますので、十分に注意をして今持っている貯金の2割くらいを目安に投資をする様に心がけましょう。

PAGE TOP