【楽ラップの実績と評価】ダメだと聞いていたけど実は...

【楽ラップの実績と評価】ダメだと聞いていたけど実は...

楽ラップ 2017年12月3日の運用実績

楽ラップ運用実績+16.09%【2017年12月3日】最高益継続更新中!

2017年12/3現在の楽ラップの損益は+16.09%(+¥1,6094)となっています。

楽ラップの運用実績ページに運用実績はまとめていますが、2017年6月3日に10%を超えてから、2017年10月4日に13%を超え、今が16%となっています。

順調!

日経平均は下がって戻してという調整がありましたがトータルの利益率は引き続き順調に増えていってくれています。

では、いつも通り、なぜ今月も調子が良かったのか?私なりにまとめてみましたので、お付き合いを。

国内株式は低調だが米国株が順調!

日経平均は今年後半の伸びが順調すぎたこともあり調整局面に入ってそれほど大きくは伸びていません。

しかし、その分伸びているのが「先進国株式」です。要するに米国株ですね。こちらをご覧いただければ、アメリカ株の絶好調感が伝わるのではと思います!

日本の株が伸びないときでもその分、他の資産が引っ張ってくれるのは嬉しいですね。これがロボアドの旨味といえるでしょう!

なぜ先進国(米国)株は上がったのか?

米国株式が上昇している要因は一言で言うと「景気がいいから」です。

29日に発表された7~9月のGDP(国内総生産)は、実質成長率が速報値(+3.0%)から+3.2%へ上方修正されました。

「思っていたよりもっと良い」ということですね。

さらに年末商戦へ向けて消費はさらに一時的な拡大が見込まれます。(Amazonの株なんかは順調に上がっています。)

「これだけ景気のいい年だったんだから年末の買い物はいつもより太っ腹に行くよね」という期待があるのでしょうね。

実際に楽ラップで儲かった分、何か買おうかなーとちょっと考えちゃってますw

PAGE TOP