【楽ラップの実績と評価】ダメだと聞いていたけど実は...

【楽ラップの実績と評価】ダメだと聞いていたけど実は...

2018年4月の楽ラップ運用実績。資産は1ヶ月で2.7%UP

私の楽ラップの運用実績について、2018年4月の報告をします!

資産は前月から回復!約3,000円増加

楽ラップ2018年4月運用実績

110,670円→113,706と3,006円(2.7%)のプラスとなりました。

2月が初のマイナス3月が連続でマイナスという楽ラップの運用実績でしたが、4月はプラスで終わることができました。

2月・3月で下がった分を回復というわけにはいきませんでしたがじわじわと増えているのでこの調子ではやく埋め合わせてほしいですね!

株価も為替も良かった4月

4月は日本株も外国株も調子が良くて特に月後半は日経平均もニューヨークダウも右肩上がりで上がっていました。

株式系の資産が増えたのと為替が円安に動いてくれたのが「外国株式」や「外国債券」といった外国系の資産を増やすことにつながり、楽ラップの運用実績が上昇した要因と言えるでしょう。

決算発表シーズン、おおむね良好な業績で上昇!

4月は日本・アメリカ共に決算発表シーズンとなり各社が業績を発表しました。

内容としては日米問わず良好で、特にアメリカにおいては大きな企業であるアマゾンやフェイスブックが良好な決算を発表し株価を押し上げました。

好調な米企業決算を受け、前日の米株式相場は大幅高となった。投資家の運用リスクを取る姿勢が強まり、日本株にも買いが入るだろう。

日経平均、半導体関連株が支えに(先読み株式相場)|日本経済新聞

楽ラップのう投資先に含まれるのはこうした「代表的な」企業が中心となるので、これらの有名企業の決算好調はダイレクトに楽ラップの資産増加につながると言えます。

まだまだ5月も決算発表は続きますので、引き続きこの流れで増やしてほしいです!

PAGE TOP